ビンモア『自然的正義』

表題の書籍は現在翻訳中ということだが、いつになったら出版されるのだろうか?
この本が日本で普及することを願っている。

以下、引用。

ケン・ビンモア Ken Binmore
『自然的正義』 鈴村興太郎 他訳
原書:Natural Justice(Oxford Univ. Press, 2005)
本書においてビンモアは,道徳に対するカント流のア・プリオリな理解に対抗して,道徳原理を,人間の進化の歴史によって自然主義的に理解しようとする.その際,彼は合理的で利己的な諸個人を前提としたゲーム理論的枠組みを採用しており,諸個人が公正な社会契約を締結した社会が発展するという議論を展開している.論争の余地が多いが,道徳原理をゲーム理論的に理解しようとする意欲的な著作である.
(現在,翻訳中)

引用元: NTT出版 叢書≪制度を考える≫ | 仮想制度研究所 VCASI.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中