生産性の国際比較

生産性の国際比較については、
以前は米国労働統計局が計算していた
国際労働比較 International Labor Comparisons (ILC)
が便利だったのですが、2011年のデータを最後に更新を止めたようです。

今ではコンファレンスボードが引き継いでいます。

The Conference Board Total Economy Database™.

米国労働統計局時代になかった「成長会計」「全要素生産性の成長」的な項目があるのですが、
センスがないなーと思って無視するようにしましょう。
たとえ教科書に載っていてもダメなものはダメです。
こういうものはコブダグラス型生産関数という特殊なケースでないと通用しないんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中