商人のジレンマ/シグムンドの説明

以前の記事「商人のジレンマ」でこう書いた。
「囚人のジレンマという言葉の感じからすると、
 取り調べ室のような状況を想像してしまい、
 通常の経済活動とは無縁のもののように思えるかも知れない。
 本当は、交換という基本的な経済活動に当てはまるジレンマだ。

 単なる交換が囚人のジレンマの状況にあるということが
 指摘されるようになったのは、かなり最近のことのようで、
 私の探した限りでは青木(2000)が最初だ。」

経済学関係では青木(2000)1が今のところ最初だと思うが、
視野を進化ゲーム論にまで広げるともう少し早い例がある。
進化ゲーム理論家のシグムンドが1993年に書いている。

「ジレンマは囚人の話にかぎらない。たとえば、それはあらゆる商談についてまわるものなのである。両者は取引によって、お互いに利益を得ることができるが、ときには、一方的に、相手に荷を負わせることによって、もっと多くの利益を得る場合もあり得る。」2

シグムンドは、「あらゆる商談」が囚人のジレンマの状況にあることを指摘している。

続いてシグムンドは、取引を成り立たせる権威について語る。

「ふつうは、ある種の権威が裏切りの誘惑を抑えるようになっている。教育、法律、警察などの社会的圧力が、このような利己的な側面を抑えているのである。しかし、中央の権威が失われると、問題は深刻になるであろう。」2

シグムンドのいうことに付け加えることがあるとすれば、
現実には、たとえ中央の権威が盤石であっても、
実際の商取引で中央の権威は殆ど役に立っていない。
中央の権威は民事不介入だ。

また、権威もまたゲームの均衡として存立しているのだから、
権威が外的に強制力を行使するという想定は一貫性に欠けている。

権威による外的強制が効かない場合についてシグムンドは続ける。

「どのようにして、強制と良識のない競争者の間から協調関係を引き出せるであろうか? それはおそらく、繰り返しによって可能になるであろう。明らかに相手を裏切ろうとする対戦者達は、裏切りのために仲間を失っていくだろう。将来、さらに取引を続けていこうと思うなら、公平な取引をするのが大事なのである。 」2

とシグムンドは書いて、
そして、進化ゲーム理論の観点にもとづき、
繰り返しゲームから協調関係の成立する条件について
詳しく説明するのである。

無期限繰り返しゲームでなければ取引は成立し得ないことを明確に説いている。


  1. 青木昌彦 (2000)「財取引、契約、市場の私的秩序ガバナンス」『比較制度分析に向けて』第3章 
  2. シグムンド『数学でみた生命と進化』講談社ブルーバックス、1996年(原著1993年)、p384)。 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中