福沢諭吉「商人に告るの文」

引用します。


   商人に告るの文    

   (本文は当社新報商事編輯主任員が商人某々氏に与へて貨殖の秘訣を論じたるものなり) 

(前略)商業は何のために営むものに御座候哉。其目的は利を博し富を得るより外には有之間敷候。人間の幸福は富ならでは買ふべからず、人生七十古来稀、幸福を享くべき時限も極めて短きものに候へば、富を得るの工夫も十分に精神を込め、大急ぎに急がざれば間に合ひ兼る事と存候。

 商業の繁昌は利を得るの基なり。然るに此繁昌を来たすの術は、正直と熟練とを以て十分衆客の望みに応じ、且つ其価を廉に致すに在ること勿論なりといへども、此正直と熟練と且つ其価の廉なるとを世間に示すの工夫なければ、商業繁昌思ひも寄らざる事に候。今爰に甲乙二人あり。同様の場所にて同様の商業を営み、正直熟練廉価等の諸点は甲乙の間に差別なきに、其実際を見れば甲の店は一年一万円の売上げなるに、乙の店は二万円の売上げを為すことあらん。何故に斯る相違を生ずるやと其原因を糺すに、甲は新店にて得意の客甚だ少なく、乙の店は暖簾甚だ古くして客足甚だ繁きがためなることを発明するば毎度の例なり。左すれば乙の繁昌は其腕前の甲に勝る所あるがためにはあらで、甲乙の二人が人に知らるゝことの多少よりして、店の売上げに斯る相違を生じたることゝ知るべし。商人は人に知らるゝこと甚だ大切なりと申すべし。

 人に知らるゝこと甚だ難し。尋常商人が人に知らるゝの手段は、先づ人通り多き場所に店を設け、店頭に招牌を掲げ、店を装飾して人の目に付く様に品物を並らべ、特別の商標を用ひて注意を喚ぶ等の事なり。或は十字街頭人行最も繁き所に広告の張紙を為し、或は種々の引札を調製して戸別に配布するなど、何れも皆大切なる手段なりといへども、今の時代に在りては其及ぶ所の甚だ広く其費用の甚だ廉なるものは、新聞紙を借りて広告するに匹敵すべきものなし。新聞紙は上天子の宮殿より下陋巷の茅屋に至るまで、東西南北都鄙遠近の別なく行き渡らずといふことなし。若し人ありて、新聞の手を借らず、他の引札張札等の方法を以て新聞同様の広さに広告を行届かしめんと試むることあらんには、其費用と手数の莫大なる。尋常人の資力には及ぶべがらざるものならん。或は物好き半分にこれを実行せんとするも到底力の及び得ざる所あるを発明するなるべし。当時商人の風習にて開店売出し抔の弘めには、数百或は数千枚の引札を摺立てゝこれを遠近の人家に投入れしむるを例とせり。是固より無きに優る披露の一法なりといへども、其手数費用と家々隈なく行渡ることゝを比較すれば、新聞紙の広告に及ばざること甚だ遥かなり。殊に人情の常として新聞紙は自分の銭を持出して買ひだるものゆゑ、社説なり雑報なり又広告なり、読まざるは損と心得て多忙の中にも一読するものなれども、無代にて投入れられたる引札なれば、又何品か売付けに来りたりと先づ心に逆ふる所あるより、仮令一読の閑はありても大抵取上げて見ぬを例とするなり。左すれば配布の枚数は同一にても、其広告の利き目に至りては新聞と引札とは天淵の相違あるものと知るべし。

 商人等の説に、広告をするには適当の時節ありとて、共時期を鑑定すること甚だ肝要なりと信ずる者あり。是亦一応其理なきにあらず。厳冬に函館氷安売の広告を為し、暑中に襟巻売出しの広告を為すとも、為めに店の繁昌を増すことは六ヶ敷かるべし。故に何時にても新聞紙に広告さへ出せば商売繁昌疑ひなしといふべからずといへども、少し商売上の機転ある以上は、年中絶聞なく広告するをよしとするなり。今の繁劇なる世の中にては、今日新聞紙上に見たる広告は、翌日か翌々日頃には全く打忘るゝを常とするなれば、一度新聞紙に広告したるものは二度の披露を要せずとすること大なる考へ違ひなり。西洋商人の諺に「一年三百六十日、広告に最上の日は三百六十日なり」といふことあり。甚だ味ある言といふべし。

 広告文を認むるは甚だ六ヶ敷事の様に心得、広告引札の文は必ず有名なる筆者に依頼せざれば叶はぬ事と信ずる者多し。大なる間違なり。世の中に手紙の書けぬ商人あるべからず。手紙を書きて其意の通ずるものが、広告文を書きて意の通ぜぬ道理なし。広告文は達意を主とす。余計なる長口上は甚だ無用なり。他人に案文を依頼せぬ自筆の広告文の中には、時に由り文法にも適はぬ悪文もあるべしといへども、其意味の分らぬ様の事は決してなきものなり。意味さへ分れば、共文法の可笑しき抔は、自から其中に其人の率直淡泊敢為の気象を示して、却て衆客の愛顧を引寄するものゆゑ、決して恐るゝに足らざるなり。唯広告文を認むるには一通り我思ふ儘を書き下したる後、今一度熟読して無用の字句を削り去るべし。六行のものは必ず五行にて済むものなり。一行にても少なければ夫れ丈の新聞紙広告代を省き得べし。

 西洋にては商売の秘訣は広告に在りと申して、商人が広告に金を費すこと実に莫大なり。其有様は迚も古風の日本商人等が想像し得る所にあらず。米国にては一年十万弗以上を広告代に費す者数名あり。千弗以上二万弗以下を費す者は、或る広告取次店の知る所のみにても数百名ありといへり。其盛んなること推して知るべきなり。今日本にては商人にして広告の利を知る者甚だ少なし。若し我店の隣人等も我と同様に広告せんには、我広告の功能も左様著しかるまじきが、幸にして隣人等は引札配布、団扇進呈位にて満足する折柄なれば、大に我腕を揮ひて独り富を占んこと、此時を失ひて又他に好機ながるべし。篤と御勘考、急ぎ金儲けの御工夫専一に奉存候。云々。                                       〔十月十六日〕


(出典)『福沢諭吉全集』第九巻、時事新報論集、第二(明治十六年六月~十二月)、1960年、p216-219

広告

「福沢諭吉「商人に告るの文」」への1件のフィードバック

  1. 明治十六年には、広告はまだ広がってなかったわけですね。
    事実上は、時事新報への広告募集の宣伝のような…いや、宣伝が大切だから、それでいいのか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中