タグ別アーカイブ: 間接互恵

【映画】ペイ・フォワード

Amazon.co.jp: ペイ・フォワード [DVD]

2000年米国映画。

世界の変え方を考える作品。
『シックスセンス』で有名な
天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメントが主人公を演じる。

主人公のトレバー君は賢い中学一年生。
世界を変える方法を考えなさいという宿題に対して
ペイフォワードという仕組みを考案する。

ペイフォワードとは、
自分が受けた思いやりを、
その相手に返すのではなく、別の三人に与える。
与えられた人も更に別の三人に与える。
・・・という連鎖を繰り返していけば
世界に思いやりの輪が広がってゆく。
このような思いやりのネズミ講がペイフォワードだ。

トレバー君も映画製作者も気付いていないが、
これは進化論で間接互恵と呼ばれるものだ。
「情けは人の為ならず、回りまわって己がため」
という諺が示すメカニズムだ。

しかも、これは、現実の人間社会で既に実施されている。
クレジットカードによる商品の購入がそれだ。
商品の購入は、商品の流れだけをみると、
販売者から商品を貰っていることにほかならない。
これは即ち、思いやりを受け取ることだ。
そして思いやりを商品の販売者に直接返すのではなく、
自分の仕事をして、第三者に商品を提供する。
お金の流れをみれば、
仕事をして所得を得てカードの借金を返すのだが、
商品の流れをみれば、
第三者に思いやりを渡していることにほかならない。

経済活動には、
思いやりというラベルリングはなされていないが、
実態は思いやりの連鎖なのだ。
ペイフォワードと同じものだ。

ポイントは、自分は思いやりを受け取るだけ受け取って、
誰にも思いやりを与えないという「裏切り者」がいた場合、
これを排除する仕組みが必要であるということだ。

クレジットカードは、裏切り者を排除する仕組みの一つだ。
トレバー君のペイフォワードも、
クレジットカードのような裏切り者を排除する仕組みを
伴わない限り、うまくいかないことは目に見えている。
この映画が悲劇的なエンディングを迎えるのもやむを得ない。

裏切り者を排除する仕組みの必要性について
映画製作者が気付いていたら、
天才少年の社会イノベーション物語として成立していただろう。

たとえば今の日本で第二地方銀行に分類される銀行は、
もとは中世に庶民の間で自然発生した無尽講という相互扶助組織だ。
トレバー君の構想は、新手の相互扶助組織として
無尽講のように発展する可能性を秘めていたのだ。

しかし、それには裏切り者排除の仕組みが不可欠だ。
この映画がそこまで描くことができず、
悲劇的結末にせざるを得なかったことは残念だ。
が、仕方がない。

広告